クリニック・アクセス紹介

「よだ形成外科クリニック」のコンセプト

ようこそ「よだ形成外科クリニック」の医療レーザー脱毛 専用サイトへ。

「よだ形成外科クリニック」は2010年6月に開業いたしました。
自分が今まで勤務してきた中で経験し、習得した技術をもとに、みなさんが本当に治療して良かったと思われる美容外科・形成外科を提供しようと日々奮起しております。

私は、1996年に大学を卒業すると同時に東京警察病院形成外科に入局いたしました。入局と同時に医師としての基礎トレーニングを受け、麻酔科、救命救急部の研修を受けました。研修後は、前部長の大森喜太郎先生や前医長の関口順輔先生、そして厳しい諸先輩の指導を受けながら形成外科手術のトレーニングを受け、「日本形成外科学会認定専門医」の資格を得ました。と同時に、関連施設にて形成外科を基礎とした美容外科のトレーニングを受け、手術のみならずレーザー治療の技術を習得すべく励むことができました。今思えば、非常にラッキーな状況だったのだと思います。

その後、縁あって仙台の美容外科クリニックにて院長として勤務し、美容外科を中心に手術、レーザー治療を行ってまいりました。東京警察病院形成外科で身につけた技術のおかげで、数多くの患者さまに喜んでいただける結果を提供できたものと自負しております。

今後は、自分が経営者であるオーナー院長ですから、チェーンクリニックや勤務院長のクリニックにはない、私の真心と技術を最大限みなさまに還元していく温かいクリニックを運営していきたいとと考えています。どうぞよろしくお願いします。


私は、みなさんに形成外科を基礎とした美容医療を「よだ形成外科クリニック」流に提供するにあたり以下の3つのコンセプトを重視して毎日診療に従事しております。

正しい医療を正しく提供をする

このことは当たり前のことですが実は難度の高い話です。形成外科、美容外科の基礎がないまま美容クリニックを開業しているところが多いこの頃ですが、医療は技術職ですから、畑が異なれば正しく行えるはずがありません。特に手術はごまかしが効きません。私は形成外科技術を基礎において、正しい手術療法を提供していると自負しております。最新治療が求められる美容皮膚科においても正しく医療を提供していると自負しております。それが錆び付かないよう、主に東京警察病院形成外科時代の先輩や同僚と情報を交換したり手術を見学させてもらったりしております。また積極的に日本形成外科学会や日本美容外科学会(JSAPS)に参加し、アップデートな情報に敏感となるよう心がけております。

そして、私は仙台市医師会に所属しているため、他科の診察が必要な場合は、友人の医師を紹介させていただきサポートをしていただいております。

経済的負担に考慮した医療を提供する

保険診療は公定価格の医療であるため、治療費をどうすることはできませんが、自由診療の場合には、治療費は完全に自費診療となります。

最新かつ安全で効果のある治療を積極的に提供していくにあたり美容医療の場合でも、保険診療の適応と判断できる場合には積極的に保険診療を行っていきます。保険診療の適応とならない場合には、できる限り治療費を抑えて医療を提供していきたいと考えています。

自由診療における治療費の高騰をもたらす最大の要因は広告宣伝費です。広告宣伝費を多く見積り、治療費を安価に設定し、医療の質を下げて多くの治療を行うという美容クリニックを見受けますが、クリニック、患者様双方にとって良いことは何一つありません。

口コミの少ない美容医療ですから、広告をしないわけにはまいりませんが、私たちは、医療の質を下げず、治療費をリーズナブルに設定するために、可能な限り広告宣伝費の見直しをしていきます。

みなさんに心地よいクリニックとなるようスタッフ一同の意識を高める

美容医療は、決して気持ちの良い治療だけではありません。少しでもみなさんに安心して心地よい治療を受けていただくよう、スタッフのプレ研修とみなさんからいただいた情報をもとにフィードバック研修をしております。より高度な技術を身につけられるよう日々努力してまいります。あいさつ、受け答えにも不快な思いをしていただかないよう専門家の講習を受ける機会を設けております。

手術器具や注射針の1つにしてもこだわって、痛みや苦痛の少ない良質のものを厳選しました。


みなさんに安心して治療を任せられる美容形成外科医として地域に根ざしていけるクリニックが私の理想です。
安心して「よだ形成外科クリニック」を訪れてください。

クリニック紹介

南欧のイメージを表現した入口。

落ち着いた雰囲気でお出迎え。

ゆっくりくつろげる受付スペース。

待合室には小物やテレビも配置。

すべて個室でお待ち頂けます。

専門機材をそろえている手術室。

よだ形成外科クリニックでは、高い技術を持って患者さまの美を叶える診察・施術を行っています。また、来院の際には少しでもリラックスし、くつろいで頂けるよう、きめ細やかなサービスを心がけています。一人ひとりの患者様の立場にたって、最もご納得が頂ける診療を行っていますので、気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

医師紹介

院長:依田 拓之 よだ ひろゆき (Hiroyuki Yoda M.D.)

略歴

千葉県立千葉高等学校卒業

平成8年3月
東邦大学医学部医学科卒業
平成8年4月
医師免許証交付
(医籍 378324 平成8年4月26日交付)
平成8年4月
東京警察病院形成外科入局
平成8年12月~平成9年6月
東京警察病院麻酔科研修 約250例の全身麻酔を施行
平成9年7月~11月
東京警察病院救急部(ICU)研修
平成9年12月~
東京警察病院形成外科に復帰
平成15年4月
日本形成外科学会専門医認定試験に合格し学会認定専門医の資格を得る
平成15年8月
東京警察病院形成外科を退職
平成15年9月
美容外科クリニック(仙台)院長就任
平成22年6月
よだ形成外科クリニック開業

元クリニカ市ヶ谷アテンディング・ドクター、大宮皮膚科クリニック非常勤医師

資格

所属学会・団体

  • 日本形成外科学会(JSPRS)正会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 日本臨床形成美容外科医会 正会員・理事
  • 国際美容外科学会(ISAPS)正会員
  • 日本形成外科手術手技学会(JSITPS) 正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会(JSCMFS) 正会員
  • 国際形成外科学会(IPRAS)正会員
  • (社)日本美容医療協会正会員
  • 日本医師会会員、宮城県医師会会員、仙台市医師会会員

アクセス

アクセスマップ

アクセス
・JR仙台駅西口より徒歩3分
・地下鉄広瀬通駅東2出口より、徒歩10分

仙台駅から当クリニックまで

仙台駅西口を出たらペデストリアンデッキ2Fから右手パルコ(PARCO)を通過し、アエル(AER)方面へ。

一度AER2Fの中に入り、吹き抜けスペースを進んで表に出ます。

道なりに進んで階段を下りると3軒目のビルに当医院があります。

【ペデストリアンデッキ架替工事のお知らせ】

現在、ペデストリアンデッキ架替工事に伴い、一部通行止めになっております。

当院へは、仙台駅西口1階出口から、右手側PARCO、AER方面へ地上の歩道をお進みください。
PARCOを通過し、AER方面へ向かう1つ目の信号を渡り、AER前を通過して2つ目の信号を渡りましたら道なりに進んで(大きい道路側)右手3軒目のビル2階でございます。

■閉鎖期間:2016年6月13日~2017年9月末予定

ご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください 予約専用 022-266-1120

メールでのお問い合わせ

ページトップへ